投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

デュアルモニターアーム (100-LA001)

イメージ
モニターアームを一つ持っていましたが、ディスプレイが2枚あるのでデュアルモニターアームにしてみました。そこで選んだのがこちら。


シングルモニターアームの時がこんな感じでした。



こちらでも十分でしたが、なんかスッキリしませんw (ワガママw)



届いたのがこんな感じ 


 パーツが少なく、組み立てやすかったです。

説明書もこれだけ、すごくシンプルでした。

机の厚みに合わせて、挟むところが3段階選べるようになっていました。


 良かったのが、ココ!ポールの固定部分に何もなく、スムーズに動くところが最高でした。前のやつはこんな感じ。


ポールの固定部分にゴムがないとダメでスムーズに動いてくれませんでした。


固定してみたら、こんな感じになりました。 とてもスッキリ!


結局、一枚縦にして使うことにしました。

17inchのモニターが余っていたので、追加しました。 このモニターも24inchくらいにしたいですね、後々。
ものすごく机の上がスッキリしました! とても満足なので、星5つです。




いいねをして頂けると、励みになります。

Swift クラス名取得

Objective-cでは
NSString * className = NSStringFromClass([self.class]); でしたが、Swiftでは
let type = Mirror(reflecting: self).subjectType let className = String(type) で取得できるみたいです。 メモメモ


Mpow Swift Bluetooth 4.0スポーツヘッドセット (JPMBH5B)

イメージ
通勤などでBluetoothヘッドセットを使っていました。


バッテリーの持ち、充電方法など特に不満はありませんでした。 星4つくらいです。



ただメガネをしていると、よく引っかかるので今回イヤホンに変えることにしました。 メガネに引っかからないということを1番にして選んだのがこちら。


届いたのがこんな感じです。


すごくコンパクトにまとまってました。

どんな耳にでも合うように耳フックなど、色々なサイズがありました。

本体はこんな感じ。すごく軽いです。

音量の調節、通話等、普通にできます。

充電の口が左側のイヤホンに付いてます。

これがすごく外しにくいんです。。。。ここが外しやすければ最高だったのに。 ということで星4つですね。
充電の持ちは5時間くらいです。耳フックのおかげで固定されてほとんど外れることはありません。ランニングされる方にもオススメできます。

いいね、して頂けると励みになります。

iMac27 Late2010 SSD換装

イメージ
開発用にiMacを使っていましたが、既に2回壊れてます。。。。

一度はAppleCareで無償で修理に出しましたが、また同じところが壊れました。

壊れたところはHDDの接続ケーブル。HDDをうまく読み込まなくなり
起動したときに呪いの?マークが点滅しますw
Macユーザーならきっと見たことがある人が多いと思いますが。

そこでSSDをFirewire経由で外付けにして、OSを起動していましたが、最近もっさり。


このiMac、アップルケアは切れてるし、売っても今なら2,3万にしかならないから、ダメ元でSATA接続にしよう!ということで中を開けようと思いました。

準備したものはこれ。


トルクスドライバーのT8、T10が必要でした。それとSSDの電源供給のためにケーブルを買いました。SATAケーブルは既存のジャンク品から使いまわしました。


まずはガラスを取り外します。このガラスは磁石だけで固定されます。 百均の吸盤で簡単に外れます。

次は液晶を外します。画面の上端をドライバーなどでテコの原理で持ち上げるのをお勧めします。ケーブルが4箇所繋がってるので、断線しないようにゆっくり持ち上げます。

外した液晶を後ろから見たら、こんな感じです。

こんな感じですごく綺麗に収納されます。さすがAppleですね。

HDD部分から外していきます。その次にDVD周り。

SSDはDVDの下に隙間があったのでそこに格納しました。

今回一番しんどかったのが、SATAケーブルの差込口。とてもいやらしいところにありました。ここに接続するだけで20分くらいかかりました。。。。
という感じであとは元どおりにするだけ。うまくSSDを読み込み、起動しました。 このiMacとも6年付き合ってきましたが、まだまだ長く付き合えそうです。 次はCPUあたり変えてみようかな。

ホットアイマスク 電熱式 (SD-EYEWARM-GY)

イメージ
最近、仕事中に目が疲れることがよくあります。



よくこのアイマスクを買って使っていました。この商品は使った後とても爽快で、使う前に目薬を点すとさらに疲れがとれます(個人的感想)

が、最近目が痛くなる頻度が多いのですぐになくなりますw
職場の同僚の方が電熱式を購入されていたので、レビューを聞いて購入を決めました。
購入したのはこちら





さっそく届いたので開封しました。


中国語だけですごく怪しい。。。。

中身はこんな感じ。ケーブルとアイマスクと説明書。説明書は日本語ではありませんでした。。

USBを電源に使うので、どこでも使えるように家に2、3個転がってるモバイルバッテリーを電源に使おうと思います。

長押しで電源をON、今が温度、強の状態(約45℃〜50℃)

もう一度押すと、中の状態(約38℃〜45℃)

もう一度押すと、弱の状態(約36℃〜40℃) 斜めから見ないと中との違いがわかりませんw 長押しで電源OFF
使った見た感じ、使い捨てのホットアイマスクと同じくらいの温度です。(強の状態)
ただ一つ不満が、アイマスクのバンドの調整ができない。少し締め付けが強いので(頭がでかいのかw)調節できたらパーフェクトでした。
ということで星4つです!!
バンドの調整はできました!ということで星5つですw
目の疲れが最近ひどい方、ホットアイマスクを使ってみてはどうでしょうか。
いいねして頂けると、励みになります。

Objective-CからSwiftへの移行(CustomCell)

Objective-CからSwiftへの移行中にハマりました。。。。

TableViewのCustomCellのソースをSwiftにしてビルドが通った。
よしシュミレーターでテスト。

Unknown class ’MyClass’ in Interface Builder file.

あれ、なぜだ。。。。。
Build PhasesのCompile SourcesとCopy Bundle Resourcesにも MyClassの対象ファイルはあるのに。。。。 入れ直したり、Product⇨Cleanしても変わらず。
プロジェクトをSwiftから作ったCustomCellのxibのファイルと見比べてみました。
Objective-C <tableViewCell contentMode="scaleToFill"selectionStyle="default"indentationWidth="10"id="7LB-Pj-8yZ"customClass="MyClass">
Swift <tableViewCell clipsSubviews="YES"contentMode="scaleToFill"selectionStyle="default"indentationWidth="10"rowHeight="86"id="mT6-Tx-W5L"customClass="MyClass"customModule="ProjectName"customModuleProvider="target">
Swiftの方が情報が増えてますが、customModuleにプロジェクト名が入ってました。 古いVerのxibではModuleがNoneなのに新しいVerでは何も入れていなくても Current - ProjectNameという状態に。。。。。。
古いVerのxibにプロジェクト名入れたら、解決しました。
StoryBoadではちゃんと入るみたいですが、 StoryBoadはGi…

一息つきたいときに飲むもの、それはコーヒー

イメージ
いつも使っているサイフォンをご紹介します。
TWINBIRD サイフォン式コーヒーメーカーです。

アルコールランプではなく電気ヒーターなのですごく便利です。
ろかには始めは布を使っていましたが、掃除が面倒だったので
途中から紙タイプにしました。

流れはこんな感じ。

ろか紙をセットして水を入れて、沸騰する前にコーヒー粉を投入。

沸騰して水が上がってきたら、いい感じに少し混ぜる。

いい感じになったら、電気ヒーターから降ろしてコーヒーが落ちるまで待機。

落ちたらお気に入りのカップで召し上がれ。

ちなみにコーヒー豆の保管にはこれを使ってます。

しかっり密封できます。



ミルはこれを使ってます。

右回りで細かく、左回りで荒くできます。

それでは良いコーヒーライフを!