投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

唾石症日記4

保険について書きたいと思います。

他の方の唾石症のブログで結構保険が下りないという
記事を見たので参考までに。

自分が保険をかけていたのは2つで
かんぽ生命とあいおいです。

かんぽ生命は何事もなく
手術、入院両方とも即出ますということで
あっけなく終わりました。

あいおいの場合は
入院は出るという事でよかったが
手術での条件あり。
摘出した石の位置が表在性、深在性、腺体内の存在するものどれか
表在性だと出ないということでした。
自分の場合、深在性だったので出るみたいです。

まだ保険の手続き完了していないので確定していませんが
ご参考までに。


あと入院する前に限度額認定の申請もしました。
証明書が申請して4日後に来たので早めの申請をオススメします。


保険の重要性が30超えてからすごく実感してます。
いくら健康に気を使っていても、なるものにはなる。
少しでも体に異常を感じたら、すぐ病院へ。そして早期の治療!
もうおっさんだと認めてさらに健康に気をつけたいと思いますw
皆様もお気をつけください。

唾石症日記3

手術2日後。
昨日もらった安定剤がよかったのか、死んだように眠れたw
痛みはだいぶ引いてきた。
管が入っていたが、朝8半ごろに摘出。
取ったあとすぐは痛みが少しあったが、徐々になくなる。
何もしなければ痛みはゼロになった。よかったよかった。
昼食も痛み止めを先に飲んで取れば、ほとんど痛みがないくらいまでになった。
糸が残っているらしく、それを取れば終わり。
夕食の前に痛み止めを飲み忘れて食べたが、少し痛むだけで
食べれないことはない。下を動かさない限り痛みはゼロに。
夕食後に先生が来られ、痛みがほぼないことを伝えると
2日後に退院となった。あと2回カエルの合唱に耐えれば良いのだ。
大丈夫、神器安定剤を今日も天使がくれたw
この神器でカエルの合唱に絶えることなく夢の中へ行けた。





手術3日後。
朝から痛みもほとんどない状態。
腫れているところを押さえたら痛かったが、今日はそれもない。
朝食も痛み止めなしで食べれるように(ちょっと痛いくらい)
梅お粥なので味がない。塩を買ってきたことは内緒w
消毒しに歯科へ。
傷口をイソジン??で消毒されたら痛かったがすぐに引いた。
昨日、点滴も終わったので飲み薬の抗生物質が4日分、処方された。
明日退院だが、お酒を飲めるのはまだ先みたいだw
かれこれ3週間飲んでないから、別に欲しいとは思わないが。
家に大量に酒があるw





手術4日後。
もう痛みがないので痛み止めを朝食後に飲まず。
傷の消毒を終え、昼前に退院。
予定では1週間ということだったが、以外に早く退院できた。
身体は健康体そのものなので、午後から出社し
会社の飲み会に参加w お酒は飲んでないはずw

何はともあれ、麻酔から無事この世に帰って来れて
石が取れてよかった。

唾石症日記2

手術日当日。
0時から絶食、9時から絶水。
11時から点滴開始、14時くらいに終わり。
予定の15時になり、いざ手術室。
鎖骨骨折の時は、なぜか凄く緊張したが
慣れたのか緊張せず、色々取り付けられ麻酔で落ちる。

落ちたらすぐ意識が戻る、はい、いつも通りw
無性に喉が痛く感じた。おそらく鼻から管を通したからだろう。
予定では2時間と聞いていたが、手術時間は一時間、麻酔以外の時間は15分らしい、早。
そのお陰か18時には歩行練習。前の時は次の日まで歩けなかったのに。
取り出した石を見せてもらったが、結構デカかった。
違和感があったが、何かと思えば管が舌の舌あたりに入っているみたい。
唾液腺を閉じないようにしているみたいだ。

やはり術後の夜が個人的に峠。痛みとの戦い。
あと4人部屋なので、かえるの合唱(いびき)と寝言が睡眠を妨げてくれる。
寝れないと思い安定剤もらい服用、イヤホンまでしたのに、寝れない。
22時くらいから寝る体制に入ったが、結局何時に寝付いたか、わからないw




手術1日後。
相変わらず、痛みは引かない。そして手術した箇所が腫れる。
朝食におかゆや豆腐など流動食だったが、下を動かすだけで痛むため
結局牛乳と味噌汁の汁しか飲めず。すぐに液状の痛み止めを飲んだ。
その後、口腔外科に行き傷口の洗浄をした。
昼食を食べる前に痛み止めを飲んでも良いと言われたので
30分前に飲んで食べてみると、朝食よりはマシでなんとか全部食べれた。
夕食までは点滴を4本くらい注入。
夕食の前にも痛み止めを服用。昼食の時より痛みが軽減したみたいだ。
ただまだ腫れはあまり治らない。
先生が夕方に来られて伝えたら、明日唾液腺に入っている管を取ることになった。
問題は、眠れるかどうか。新しい安定剤(睡眠薬)をもらいトライ。
今日はカエルの合唱がないことを祈る。